お菓子のあるときはやすらぎのとき

ホワイトデー

ホワイトデー

🍀3月14日の起源

結婚が禁止されていたローマ帝国時代に結婚を許可したバレンチノ司教が処刑された日が2月14日。そのひと月後にあらためて永遠の愛を誓い合ったという説から、愛が成就する記念日として語り継がれてきました。

🍀ホワイトデーは日本のオリジナル。

ホワイトデーはバレンタインデーに貰ったチョコレートのお返しをする日として定着していますが、実はこれは日本独自の習慣。

日本には、心を尽くしてくれた相手に感謝の気持ちをお返しするという伝統や文化があります。男性から女性へ心を込めてお返しするホワイトデーが生まれたのも日本人の誠実な気質からかもしれません。

🍀お返しは…?

バレンタインデーにチョコレートをもらったらお菓子をお返しするのが一般的です。ホワイトデーが始まった1980年代はキャンディーやマシュマロが定番のお返しでしたが、今ではお菓子は何でも、焼き菓子や限定スイーツなども人気です。

気になるのはどのくらいのものを贈るのか?という問題です。
以前は“3倍返し”なんて言葉もありましたが、あまり高額になると双方に負担がかかる…といったことから頂いたものと同額程度か少し多め程に落ち着いているようです。
バレンタインはチョコを贈りますが、チョコ好きな女性には普段食べられないチョコをお返ししたり、限定のお菓子が喜ばれたりと、少しづつ多様化しているホワイトデーの贈りもの。
何よりも、贈る方が喜ぶ笑顔を想像しながら選んだものが一番なのかもしれません。

バレンタインが友人・知人、仕事関係等、日頃の感謝や親しみを込めて広がったのも、日本人ならではの心遣いから。
大切な方へはもちろん、ご家族や友人、お世話になった方へお返しをすることであらためて日頃の感謝を伝え心を結ぶ一日にされてはいかがでしょうか?

ホワイトデー
PAGETOP